製本用語集-50音検索【た行】

製本用語の一部を行ごとにまとめて紹介します。

た行です。

地(ち)

本の下側の部分。

 

丁合(ちょうあい)

本の中身をページ順になるようにまとめること。

 

チリ

本の中身より三方が少し大きくなっている表紙の部分。

束(つか)

本の厚さ。

関連用語:束見本(つかみほん)

 

束見本(つかみほん)

体裁や仕様を確認するために、仮で作製したもの。

天(てん)

本の上側の部分。

 

天地(てんち)

縦の寸法。

綴じ(とじ)

本の中身をつなぎ合わせ固定すること。

綴じ方の種類は本の中身の綴じ方の種類のページをご確認ください

 

綴じ代(とじしろ)

平綴じやビス止め用の穴あけのための余白。製本すると視認性が悪くなるので、広く余白をとる必要がある。

 

扉(とびら)

本の中身の書名・著者名などを印刷したタイトルページ。

見返しの次にくる扉を「本扉(ほんとびら)」、本文の途中の扉を「中扉(なかとびら)」という。

 

共紙(ともがみ)

本の中身の扉や見返しなどにおいて、本文と同じ紙を使用すること。

 

トンボ

印刷時の刷り合わせや製本加工時の目印。

製品案内一覧 様々な製本が可能です 金文字・箔押しも出来ます
ご依頼・お問い合わせはこちら