製本用語集-製本の方法

製本の方法を紹介します。詳細は各製品ページにてご確認ください。

合本製本(がっぽんせいほん)

書籍や雑誌など、複数回に分けて発行されたものを一冊にまとめて製本したもの。詳細ページ

同義語:合冊製本(がっさつせいほん)

 

金具バインダー(かなぐバインダー)

2穴・4穴・30穴のパイプ金具やリング金具をで綴じこむ表紙。詳細ページ

 

観音製本(かんのんせいほん)

図面を二つ折りにし、背と小口にのり付けする製本。詳細ページ
同義語:観音開き製本(かんのんびらきせいほん)、図面製本(ずめんせいほん)、二つ折り製本(ふたつおりせいほん)、背貼製本(せばりせいほん)、見開き製本(みひらきせいほん)

 

くるみ製本(くるみせいほん)

主に契約書や冊子、マニュアルなどの製本をすること。→詳細ページ

 

ビス止製本(ビスどめせいほん)

ビス(ネジ)で固定する製本。詳細ページ

 

論文製本(ろんぶんせいほん)

大学・企業・研究機関などの論文の製本。詳細ページ

 

和とじ製本(わとじせいほん)

本のとじ口を紐で綴じて製本したもの。詳細ページ

同義語:和装本(わそうぼん)

製品案内一覧 様々な製本が可能です 金文字・箔押しも出来ます
ご依頼・お問い合わせはこちら